感染症対策について

当レースは下記の通り感染症対策を講じてレース運営をいたします。

レース前後のマスク着用の徹底
レース中にマスクを着用する必要はございませんが、レース前後はマスクの着用を徹底するようご協力ください。

・健康状態の把握
参加者並びに大会関係者には、レース前日の健康状態に関するアンケートの提出を義務とします。
レース前日~当日朝までにGoogle Formにて入力・送信をしていただきます。
受付会場には、検温器とアルコール消毒液を設置いたします。

・レース中の身体的距離の確保
日本スカイランニング協会(以下、JSA)が示す指針に従い、レース中、並びにレース前後の参加者の密状態を極力緩和するため、レースのスタート方式は30秒間隔に1人ずつ出走するウェーブスタート方式を採用します。また、出走を待機する選手間の距離は2m以上確保します。
レース中において、選手同士並走や追い抜き等をする際も密接や接触に極力注意してください。
※JSAが推奨する、レース中の身体的距離の確保をご参照ください
こちら

・受付の簡素化
参加者、大会スタッフの接触回数を極力減らすことを目的に、受付業務を簡素化します。
大会当日は、受付にて自身のゼッケン番号をお伝え下さい(出走チェックを兼ねています)。その後、所定の位置から各自、参加賞とゼッケンをお取りください。
受付付近に、参加者専用の荷物置きスペースを用意いたします。感染症リスク軽減のため、スタッフによる荷物預かりは実施いたしません。貴重品の管理は各自していただきますようお願いいたします。

・エイドステーション
コース内にエイドステーションはございません。下山終了時(スタート地点)に500mlのペットボトルに入った水をお渡しします。
緊急時用に、フィニッシュ地点に水分を用意しておりますが、自身に必要な水分と補給食は持参するようにしてください。

・リザルトの掲載と記録証について
感染症リスクを低減するため、受付にリザルトの掲載と記録証の受け渡しは実施いたしません。リザルトは確定次第、レース当日の夜から翌日中にウェブサイトに掲載します。記録証につきましては、後日メールにてお送りいたします。